お目にかかれて

お目にかかれて (小学館文庫)

ラブストーリーの短編集なのに、一番最後のお話「Introduction」(この構成おもしろい)はそうではない。しかしそれに全く違和感を覚えないことが、この本の特殊で、素晴らしいところだと思う。

★★★★★