異国の花守

異国の花守 (小学館文庫)

現代日本が舞台であっても、現実感を損なうことなく上品さを保ち続ける波津彬子作品の凄さ。設定の面白さのわりにドラマは少なめ。地味です。

★★★★★