ランナーズ・エクリプス

核戦争後の荒廃した地球を舞台に、ランナーと呼ばれるネットワーク犯罪者たちの戦いを描いたシミュレーションゲームです。

  • オンライン・オフライン両方のゲーム性を持ち、それらがシームレスに連動します
  • 非同期性を生かしたシステムによって、時間に左右されることなく遊ぶことが可能です
  • 乱数のないシーケンス制御的なバトルシステムには独特の戦略性があります
  • ルールはシンプルで覚えやすく、マウスだけで簡単に操作できます
  • ネットワーク接続のための準備は不要です

ダウンロード

Vector

基本情報

Runner’s Eclipse
ジャンル:ネットワーク対応・戦闘プログラミングゲーム
対応OS:Windows
キャラクターデザイン:いぬテリア
公開:2012年2月
最新版:2.30(2014年5月更新)

補足

総合リファレンス
紹介(窓の杜)

コメント

  • セキュリティVSセキュリティ破りという形式で、プログラミングによって戦うゲーム。順次・選択・反復という基本的な制御構造と、3つの変数(LIFE・RESOURCE・POWER)を駆使することで、原始的なアルゴリズムを作ることができる。
  • ルールはとても簡単で、”いつ何をするか”の命令を6つ並べるくらいの理解で十分遊べる。わからないことがあればとりあえず総合リファレンスを一瞥してほしい。
  • 非対称的な対戦形式で、プレイヤー同士の関係は出題者と回答者というモデルに近い。公開から長年に渡って膨大な数のアップデートをしたため、対戦ツールとしてはそこそこ完成されていると思う。
  • 過疎に強いオンラインゲームにしたいという開発意図があり(どんなオンラインゲームも最終的には必ず過疎化するため)、そのアプローチとして同時接続者数に面白さが依存しないシステム(つまり非同期性)を導入した。まばらであっても新規参入者がいれば、その影響は目に見える形で蓄積される。