ウは宇宙船のウ

ウは宇宙船のウ【新版】 (創元SF文庫)

ウは宇宙船のウ【新版】 (創元SF文庫)

ブラッドベリ自選のヤングアダルト向け短編集。人類の宇宙進出を希望に満ちた視点で描いた、ロマンチックな話が多い。こういうのを子供に読ませたいという、ブラッドベリの意思を勝手に感じる。

作品の選抜には文句はないけれど、翻訳が若干古めで、この本はその点で少し人に薦めづらい。ブラッドベリの短編は書籍ごとにかなり重複していて、比較的近年に出た短編集で読む方が楽なことが多いからだ。この本について言えば、「Rocket」を一貫して「宇宙船」と訳しているのがすごく微妙に感じる。

★★★★★