ロカノンの世界

ロカノンの世界 (ハヤカワ文庫SF)

ロカノンの世界 (ハヤカワ文庫SF)

寒さ→餓え→敵襲が繰り返される、ストイックな冒険譚。旅の描写フェチな人はかなり満足できると思う(自分がそうだ)。トールキンが好きな人とかにおすすめ。

とりあえずプロローグがすばらしいということを書いておきたい。ファンタジーの魅力を散りばめたような、美しい伝承の物語だ。これだけ読んでも損はしないと思う。

★★★★★