分解された男

分解された男 (創元SF文庫)

分解された男 (創元SF文庫)

ベスターといえば『分解された男』と『虎よ、虎よ!』。この2冊をもって、彼こそが史上最高のSF作家であると断言しても反論は少ないと思う。

「虎よ、虎よ!」は傑作ではあるけれど、哲学的な問題に足をつっこんでいることもあり、少し難解な部分(特に終盤)がある。しかし『分解された男』は、徹頭徹尾、純粋な娯楽小説だ。作中にあらわれる全てのアイテムが、それ一つで短編が書けるくらいに刺激的で、退屈な場面が存在しない。文体は軽やかで(沼沢洽治の訳もいい)、独特のタイポグラフィがいいアクセントになっている。

権謀術数が飛び交う、比類ないスリルに満ちた物語でありながら、最後はなんとも心温まる、喜びに満ちた結末を迎える。その着地は見事だ。

★★★★★