地球の長い午後

地球の長い午後 (ハヤカワ文庫 SF 224)

地球の長い午後 (ハヤカワ文庫 SF 224)

『地球の長い午後』は、植物が地球の支配者になった遠未来の物語だ。植物は本来動物が占めるべき生態的地位まで進出していて、地面を歩き回るどころから空を飛ぶものもいる(ついでに宇宙まで飛ぶ)。人間はこの世界において圧倒的な弱者だ。しかも退化していて、体は小さく知能は低い。ただでさえ絶滅しかけているのに、冒頭からどんどん植物に喰われていく。

だが一人の人間がアミガサダケというキノコと出会い、「世界の裏側」への壮大な物語が始まる。果たして人類の反逆は成功するのだろうか。乞うご期待(とりあえずアミガサダケは腹立つほど役に立たないということは明かしておく)。

★★★★