楽園の日々 アーサー・C・クラークの回想

楽園の日々―アーサー・C・クラークの回想 (ハヤカワ文庫SF)

楽園の日々―アーサー・C・クラークの回想 (ハヤカワ文庫SF)

SFについて語る本であって、SFではないのだけど、わかりやすいのでSFカテゴリに分類する。

内容はアーサー・クラークの自伝+アスタウンディング誌の歴史といった感じで、一冊で二度おいしい(あるいは、それら二つは分けるべきではないのかもしれない)。一人の宇宙少年であるクラーク、そして一人のSFファンであるクラークは生き生きとしていて、その姿を想像するだけで明るい気持ちになれる。

★★★★★