楽園の泉

楽園の泉 (ハヤカワ文庫SF)

楽園の泉 (ハヤカワ文庫SF)

衛星軌道エレベーターというSFにおける人気アイテム。それをガチで実現しようというお話。ガチすぎて論文になってしまった部分があるのは否定できないけれど、明らかに作者がウキウキしながら書いてるのがわかるから、そういうのが全然嫌いになれない。夢と希望がまぶしすぎる。

とはいえやっぱりアーサー・クラークなので、根っこの部分はちゃんと小説。そして泣ける。ハードなSFが読みたいという願望をしっかり叶えてくれる。

★★★★